娘よ

ご閲覧頂きまして、ありがとうございます。

 

 

子育てをされる諸先輩方からすると

 

 

あるあるなのかもしれない

 

 

保育園に通い始めた1才半の娘が、

 

 

これまで泣きわめきちらしながら拒絶していたあの姿…

 

 

今日は何事もなく保育士さんの手元に歩み寄り、

 

 

…笑顔でバイバイ

 

 

なんともたくましくもあり、

 

 

嬉しくもあり、

 

 

成長したなぁという感動もあり、

 

 

そして親元を離れていく寂しさもあり、

 

 

些細なことだけれども、一度に色々な感情を刺激される一瞬の出来事でした。

 

 

 

家に戻るとまた騒がしい小さな怪獣の姿に豹変し、

 

 

いつになくあーだこーだ翻弄されるのだろうと思いつつ、

 

 

いつもより大きく見えた娘の姿。

 

 

この感情を何度も積み重ねながら、

 

 

大きく羽ばたいていく姿を、

 

 

陰ながら見守っていきたいと深く思った

 

 

 

こんな自分も、

 

 

同じように見守られながら、

 

 

大きくなったんだなぁと、

 

 

親の存在の大きさを改めて知る。

 

 

 

 

…案の定、いつも見ている姿に戻りましたとさ、

 

 

めでたし、めでたし